categories

selected entries

archives

recent comment

坂本真綾『You can't catch me』

坂本真綾『マジックナンバー』

坂本真綾『everywhere』

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -







    『君唄』

    0
      君の好きな唄を
      この手に抱き締めよう。


      陳腐なありきたりな言葉で
      みっともなく愛を叫び

      ひたすらに思いの丈を
      力強くぶつけるこの唄を

      大好きだと
      そういえる君が

      眩しくて
      潔くて

      馬鹿だと思われるかも知れないが
      とても綺麗だと思ったんだ


      君の好きなこの唄を
      僕は抱き締めよう。

      君と同じ
      世界が見たいんだ。









      『夜』

      0
        苦痛に歪んだ顔。
        溢れる涙。

        声を殺して泣く
        君の姿を見ていた。


        見ていることしか
        出来なかった僕は

        なんて弱虫なんだと
        笑うことで誤魔化した。


        強くありたいと望むのに
        弱い自分を認めることすらできない。

        僕の偽りが
        君の涙で溶ければいいのに。


        君の涙に怯え
        君の強さに憧れた。

        僕の笑みは醜くて
        僕の弱さを露呈する。


        「君のように」
        望めば臨むほど遠ざかる。

        「何のために」
        問えば問うほど分からなくなる。


        いつか君に
        辿り着きますように。

        そう願い
        祈る夜。

        ***

        ↓お気に召しましたらクリックをお願い致します。

        blogランキング

        JUGEMテーマ:小説/詩








        『黄昏』

        0
          夕暮れの太陽。

          僕は一つのため息。


          朱に染まる街並み。

          奥に潜む夜。


          いつからか上を向いた。

          涙は下に下に流れた。


          何かを求めたはずなのに

          何かを失くしたみたいだ。


          遠くで響く喧騒。

          この空間だけが優しかった。



           ***

          ↓お気に召しましたらクリックをお願い致します。

          blogランキング

          JUGEMテーマ:小説/詩








          『君に届け』

          0

            どうしてか泣きたくなる

            素直になることは
            簡単じゃない

            なのに溢れる

            震える音は
            隠せない


            手を伸ばせば届くのかな

            そんな勇気
            あるはずもない

            けれど高鳴る

            微かな熱が
            消えてくれない


            どうして君なの

            こんな苦しさ
            知りたくない

            でももう止められない

            君への思い
            邪魔されたくない


            どうか君に
            君に届け

            ***

            お久しぶりです。
            ずいぶんご無沙汰してしまいました。

            只今『君に届け』を読んでいるのですが、
            今回の作品は私の感想というか、
            触発されたというか・・・ww

            なんかあんなに純粋に人を好きになれること、
            それに応えてくれる人がいることって
            素敵だなって思ったので描いてみました。

            お楽しみ頂ければ幸いです。

            ***

            ↓お気に召しましたらクリックをお願い致します。

            blogランキング

            JUGEMテーマ:小説/詩








            『白夜』

            0
              人を
              愛すること
              理解すること

              同じようで
              全然違うことに
              今さら気づく


              愛したいと
              思うほど

              理解できない
              悲しみや
              苛立ちが
              邪魔をする


              理解されたいと
              思うほど

              愛されない
              恐れや
              猜疑心が
              広がっていく


              近くて遠い
              似て非なるもの

              しかし
              複雑に絡み合う

              愛と理解は
              どこに向かうのだろう?


              ***

              ↓お気に召しましたらクリックをお願い致します。

              blogランキング

              JUGEMテーマ:小説/詩







              『時計』

              0
                時とは何?
                何を刻んだ?


                僕の始まり
                君の終わり

                進んだ道
                壊れた音

                揺らぐ視線
                確かな温度

                時を刻む
                刻まれた時


                時計は知らない。
                何もかも知っているということを。

                時計は何も語らない。
                ゆえに何もかもを物語る。


                時という残酷さ。
                刻むという愚かしさ。

                時計は常に時を刻む。



                ***

                ↓お気に召しましたらクリックをお願い致します。

                blogランキング

                JUGEMテーマ:小説/詩







                | 1/19PAGES | >>